日本株

吉野家ホールディングス(9861)の解説【株価・株主優待・決算】

吉野家 株価 決算 株主優待
吉野家ホールディングス(9861)は、牛丼チェーン”吉野家”などを展開する外食チェーンです。
株主優待は、”優待食事券”です。

企業名 株式会社 吉野家ホールディングス
種類 外食業
権利確定月 2月・8月
優待内容 優待食事券
優待回数 年2回
配当利回り 1.17%
(2019/01/18 終値)
100株 17万1,500円
(2019/01/18 終値)

吉野家ホールディングス(9861)とは


吉野家ホールディングス(9861)は、牛丼チェーン“吉野家”などを展開する外食チェーンです。
牛丼といえば、『うまい・やすい・はやい』をコンセプトとした“吉野家”が有名ですね。
吉野家ホールディングスは、吉野家以外にも下記の飲食ブランドを運営しています。
吉野家 はなまる 京樽 アークミール

吉野家
…牛丼を主力メニューとする外食チェーンストア
はなまる
…独特のコシと風味のある麺にこだわったうどんチェーン
カヤバール
…石窯で焼き上げる本格ナポリピッツァとワインのイタリアンバール
京樽
…鮨を中心としたフードサービスを提供している企業
ステーキのどん
…手軽に楽しむことのできるステーキレストラン
フォルクス
…おかわり自由サラダバーとスープバーのついたステーキレストラン
どん亭
…しゃぶしゃぶとすき焼きを楽しめる和風レストラン
ドン・イタリアーノ
…パスタやピッツァにこだわったカジュアル・イタリアンレストラン


吉野家の主力製品は、牛丼です。
牛丼で使われている牛肉はタレに最も合うという理由から、北米産牛肉の“ショートプレート”を採用しています。
ショートプレートは赤身と脂身のバランスが良いため、牛丼にふさわしい肉質となっています。

https://twitter.com/yoshinoyagyudon/status/1080652505472749569

吉野家のビジネスモデルの弱点は、薄利多売になっていることです。
牛丼の並盛は380円のため、利益が全然出ません。
牛すき鍋膳(690円)や炙り塩鯖定食(690円)、牛チゲ鍋膳(690円)のような高価格帯のメニューもありますが、大半が500円以下のメニュー構成となっています。
客単価を上げることが、吉野家の長年の経営上の課題ですね。


吉野家の海外展開は、1975年から開始しています。
米国でスタートした後、台湾、香港、マレーシア、フィリピン、シンガポール、韓国、中国、カンボジア、インドネシアへと拡大させています。
海外は吉野家だけでなく、はなまるうどんも進出しています。

株主優待

吉野家ホールディングス(9861)の株主優待は、年2回もらえる”優待食事券”です。
権利確定日は、”2月末”と”8月末”です。
次の権利付き最終日は、2019年2月25日(月)です。
2019年2月25日(月)の15時までに株を購入すれば、株主優待がもらえます。

特典:優待食事券

2月末、8月末基準

100株以上1,000株未満
優待食事券 3,000円分

1,000株以上2,000株未満
優待食事券 6,000円分

2,000株以上
優待食事券 12,000円分

直近の株価

直近の株価チャートはこちらです。
吉野家 株価チャート
(直近2年間の株価チャート)
青色:吉野家ホールディングス赤色:日経平均

購入金額

1単元の株式を購入するのに、17万1,500円必要です。
株価 1,715円(2019/01/18 終値)
単元株数 100株

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2018年2月期)。

吉野家
…1,000億81百万円(前年同期比3.9%増)
はなまる
…268億3百万円(前年同期比13.5%増)
アークミール
…224億16百万円(前年同期比2.3%減)
京樽
…265億28百万円(前年同期比3.9%増)
海外
…197億34百万円(前年同期比18.8%増)
その他
…29億38百万円(前年同期比18.9%減)

吉野家 事業別の売上高

吉野家

吉野家ホールディングスの主力事業は、”吉野家”です。
牛丼だけでなく、豚丼やお酒が飲める”吉呑み”も人気ですね。

はなまる


はなまるうでどんは、セルフ式の讃岐うどんチェーン店です。
定期的に季節限定メニューを投入することで、飽きのこない工夫がされています。

アークミール


アークミール事業では、”ステーキのどん”や”フォルクス”、しゃぶしゃぶの”どん亭”、イタリアンの”ドン・イタリアーノ”を運営しています。

京樽


京樽事業では、鮨を中心に事業展開しています。
”京樽”だけでなく、”すし三崎港”、”関山”、”海鮮三崎港”、”すし三崎丸”などのブランドを運営しています。

決算情報

直近の通期決算(2018年2月末)はこちらです。

売上高
…1,985億3百万円(前年同期比5.2%増)
営業利益
…40億19百万円(前年同期比115.5%増)
経常利益
…46億4百万円(前年同期比67.4%増)
当期利益
…14億91百万円(前年同期比19.5%増)

吉野家 決算

大株主

吉野家 大株主

従業員の状況

従業員の状況はこちらです(2018年2月末)。
吉野家グループは、全体で4,168名の従業員が在籍しています。
※臨時雇用者数は17,145名
吉野家 従業員
吉野家単体の状況はこちらです(2018年2月末)。
・従業員数 355名
・平均年齢 48.0歳
・平均勤続年数 18.6年
・平均年間給与 698万円
吉野家 従業員

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

吉野家は、牛丼を中心に事業展開している外食企業
株主優待は、”はなまる”や”ステーキのどん”などでも利用できる
吉野家の最大の弱点は、薄利多売ビジネスになっていること
海外にも進出しているが、大半は国内

吉野家ホールディングスは、”吉野家”などを展開する外食チェーンです。
牛丼のイメージが強いですが、”はなまる”や”京樽”、”フォルクス”、”どん亭”、”ドン・イタリアーノ”なども運営しています。
薄利多売のビジネスモデルのため、客単価を上げるメニュー開発に力を入れています。

関連資料

吉野家ホールディングス:『有価証券報告書』
吉野家ホールディングス:『公式HP』
吉野家ホールディングス:『決算時説明資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の債券ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。