日本株

サンリオ(8136)の解説【株価・株主優待・決算】


サンリオ(8136)は、”ハローキティ”や”ぐでたま”、”マイメロディ”などのキャラクターやテーマパークを提供している企業です。

サンリオ(8136)とは


サンリオ(8136)は、”ハローキティ”や”マイメロディ”などのキャラクターライセンスをもち、オリジナルグッズやテーマパークを提供しています。
ハローキティだけでなく、下記のキャラクターも運営しています。

ハローキティ
…ロンドン生まれの女の子キャラクター
マイメロディ
…素直で明るい、弟思いの女の子キャラクター
ポムポムプリン
…こげ茶色のベレー帽がトレードマークのキャラクター
ぐでたま
…ぐでぐでやる気のないキャラクター
シナモロール
…遠い空の雲の上で生まれた、白い子犬のキャラクター

サンリオ 日本株 キャラクター

サンリオの経営を支えているのは、オリジナルキャラクターのロイヤルティです。
直近の決算をみると、売上高に対するロイヤリティ比率は36.7%です(2019年3月期)
欧州や北米地域が苦戦しているので、営業利益率が10%切っています。
サンリオ 決算 業績

サンリオの不振の原因は、欧州と北米が不調だからです。
直近の決算の営業利益はこちらです(2019年3月期)
一方で、日本とアジアは堅調ですね。
サンリオ 決算 営業利益

サンリオピューロランドが復活!


サンリオ(8136)は、国内に2つのテーマパークを運営しています。
1つ目は東京都多摩市にある“サンリオピューロランド”で、2つ目は大分県にある“ハーモニーランド”です。
サンリオピューロランドはずっと赤字でしたが、来場者数が増え、黒字になり見事なV字回復を達成しています。
ターゲットを“大人の女子”に変えたことが成功の要因のようです。

企業とのコラボ商品


サンリオは、サンリオキャラクターとゲーム会社や食品会社をコラボさせることで、業績をあげています。
JR西日本と”ハローキティ新幹線”をコラボしたり、森永製菓組んで”森永ビスケット”のコラボパッケージを提供しています。

事業別の業績

サンリオ(8136)の事業別売上高はこちらです(2019年3月期)
サンリオ 決算 事業別売上高
サンリオ 決算 事業別売上高

地域別の売上高

サンリオ(8136)の地域別売上高はこちらです(2019年3月期)
サンリオ 決算 地域別売上高
サンリオ 決算 地域別の売上高

決算

サンリオ(8136)の決算はこちらです(2019年3月期)
サンリオ 決算

売上高
…591億円(前年同期比1.8%減)
営業利益
…47億円(前年同期比16.5%減)
経常利益
…58億円(前年同期比3.1%減)
当期純利益
…38億円(前年同期比21.3%減)

従業員の状況

サンリオは、全体で1,297名在籍しています(2019年3月)
()内は臨時雇用者数です。
サンリオ 従業員
サンリオ単体の状況はこちらです(2019年3月)
労働組合は結成されていません。
サンリオ 従業員

記事のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

サンリオの売上高の36.7%はロイヤリティ比率(2019年3月期)
米国と欧州は不調
アジアは堅調に伸びている
今後の成長は、日本以外の地域の成長

サンリオは、オリジナルキャラクターのグッズやテーマパークを運営している企業です。
”ハローキティ”だけでなく、”マイメロディ”や”ぐでたま”などの人気キャラクターを有しています。
売上高や利益が下がっているので、ちょっと注意ですね。
現在の売上高の大半は日本国内ですが、今後は海外展開が重要になっていきます。

関連資料

サンリオ(8136):『有価証券報告書』
サンリオ(8136):『公式HP』
サンリオ(8136):『決算時説明資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報提供を目的に作成したものです
・当サイトは、特定の金融商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定は、ご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、日本株についての情報を提供しています