日本株

オリックス(8591)の解説【株価・株主優待・決算】

オリックス 株価 決算
オリックス(8591)は、リースを中心とした金融サービスを展開している企業です。
株主優待は、”ふるさと優待“や”株主カード“です。

企業名 オリックス 株式会社
種類 金融業
権利確定月 3月・9月
優待内容 ふるさと優待、株主カード
優待回数 年2回
配当利回り 4.63%
(2019/01/07 終値)
100株 16万4,150円
(2019/01/07 終値)

オリックス(8591)とは


オリックス(8591)は、リースを中心とした金融サービスを提供している企業です。
リースからスタートしましたが、生命保険や銀行、資産運用、レンタカー、カーシェア、不動産、エネルギー、空港運営など多角的に事業を展開しています。

オリックスは、下記のような事業をグローバルに展開しています。

法人金融
・オリックス
・弥生
メンテナンスリース
・オリックス自動車
・オリックスレンテック
不動産
・オリックス
・オリックス不動産
・オリックスゴルフHD
・オリックス不動産投資顧問
・オリックスリビング
・大阪シティドーム
・オリックスアセットマネジメント
事業投資
・オリックス
・オリックス環境
・オリックス債権回収
・大京
・ネットジャパン
リテール
・オリックス生命保険
・オリックス銀行
・オリックスクレジット
海外
・オリックス


オリックスは、もともと下記の”3商社+5銀行”によって設立された企業です。
最初に手がけたリースが”いさなぎ景気”の影響もあり大当たりしたので、大きく業績を伸ばしました。

オリックスの最大の特徴は、リース事業からスタートして柔軟に事業展開している点です。
以下の様に、幅広いポートフォリオを構築しました。
オリックスは、あくまでも自分の得意な領域の範囲内で勝負しています。
もしリースだけで事業展開していたら、90年代に会社は行き詰っていたでしょうね。

リース(1964年~)
融資(1973年~)
投資(1983年~)
自動車関連(1984年~)
不動産(1986年~)
生命保険(1991年~)
銀行(1998年~)
環境エネルギー(1998年~)
投資銀行(2006年~)
資産運用(2013年~)
コンセッション(2016年~)

オリックス 事業

オリックスは、”ノンバンク”とカテゴライズされることが多いですが、実は金融事業以外の方が売上に占める比率が大きいです。
現在では、コンセッション方式を利用して水族館や空港を運用しています。


オリックスが力を入れているのは、”コンセッション”です。
コンセッションとは、高速道路や空港などの公共施設を”所有権は国に残したまま民間企業が運営をおこなう”スキームです。
オリックスは、関西国際空港と伊丹空港の運営権を獲得しています。

オリックスの子会社はこちらです。
オリックス 子会社

株主優待

オリックス(8591)の株主優待は、年2回もらえる”株主カード”と年1回(3月)もらえる”ふるさと優待”です。
権利確定日は、”3月末”と”9月末”です。
次の権利付き最終日は、2019年3月26日(火)です。
2019年3月26日(火)の15時までに株を購入すれば、株主優待がもらえます。

特典:ふるさと優待

3月末基準

100株以上
ふるさと優待カタログ(Aコース・Bコース)

Aコース
保有株数:100株以上
保有年数:3年以上継続保有
オリックス 株主優待

Bコース
保有株数:100株以上
保有年数:3年未満保有
オリックス 株主優待

特典:株主カード

3月末、9月末基準

オリックス 株主カード
100株以上
株主カードの発行
※株主カードは、半期ごとに送る株主通信”悠”に同封しています。
株主カードを提示すると、様々なサービスを割引価格で提供できます。

宿泊、食事
野球観戦
水族館
有料老人ホーム
カーリース
ゴルフ
人間ドッグ

直近の株価

直近の株価チャートはこちらです。
オリックス 株価チャート
(直近2年間の株価チャート)
青色:オリックス赤色:日経平均

購入金額

1単元の株式を購入するのに、16万4,150円必要です。
株価 1,641.5円(2019/01/07 終値)
単元株数 100株

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2018年3月期)。

法人金融サービス
…1,157億12百万円
メンテナンスリース
…2,757億40百万円
不動産事業
…1,729億48百万円
事業投資
…1兆4,023億13百万円
リテール事業
…4,286億97百万円
海外事業
…4,774億20百万円

オリックス 事業

法人金融サービス事業


リース事業は、1964年の会社設立時から展開してきたオリックスの原点です。
長年、オリックスグループの中核事業となっています。
全国の営業店を通じて、法人向けにリースや融資をおこなっています。

メンテナンスリース事業


メンテナンスリース事業は、自動車リースやレンタカー、カーシェアリング、IT関連機器などのレンタルやレースを提供しています。

不動産事業


不動産開発・賃貸事業は、オフィスビルや商業施設、物流施設、マンションなどの開発や賃貸などを提供しています。
施設運営事業では、ホテルや旅館、水族館、ゴルフ場、研修所、有料老人ホーム、劇場などの運営を手がけています。

事業投資事業


事業投資事業では、環境エネルギーや債権回収、プリンシパル・インベストメントなどを提供しています。
環境エネルギー事業では、太陽光、地熱、風力、バイオマスなどによる発電事業や電力小売事業、リサイクル事業をおこなっています。

リテール事業


リテール事業では、生命保険や銀行、カードローンなどを提供しています。
オリックス生命保険は、医療保険やがん保険、死亡保険などの販売に注力して取り組んでいます。
オリックス銀行では、住宅ローン事業とカードローン事業を中心に展開しています。

海外事業

海外事業では、海外でリースや融資、債券投資、投資銀行、アセットマネジメント、航空機、船舶関連のビジネスを展開しています。

決算情報

直近の通期決算(2018年3月末)はこちらです。

売上高
…2兆8,627億71百万円(前年同期比6.9%増)
営業利益
…3,361億95百万円(前年同期比2.1%増)
経常利益
…4,355億1百万円(前年同期比2.5%増)
当期利益
…3,131億35百万円(前年同期比14.6%増)

オリックス 決算

大株主

オリックス 大株主

従業員の状況

従業員の状況はこちらです(2018年3月末)。
オリックス・グループは、全体で31,890名の従業員が在籍しています。
オリックス 従業員
オリックス単体の状況はこちらです(2018年3月末)。
・従業員数 3,011名
・平均年齢 42.3歳
・平均勤続年数 13.7年
・平均年間給与 856万519円
オリックス 従業員

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

オリックスは、リースを中心とした総合金融グループ
金融事業以外の方が売上高に占める比率が高い
空港などの公共施設を運営するコンセッションに力を入れている
ふるさと優待は、個人投資家に人気がある

オリックス(8591)は、リースを中心とした金融サービスを提供している企業です。
リースだけでなく、銀行や保険、資産運用、レンタカー、カーシェア、不動産、エネルギー、コンセッションなどの事業を多角的に運営しています。
柔軟に事業を変えつつ、上手く展開していますね。

関連資料

オリックス:『有価証券報告書』
オリックス:『公式HP』
オリックス:『決算時説明資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の債券ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。