日本株

串カツ田中(3547)の解説【株価・株主優待・決算】

串カツ田中 株価 決算 株主優待
串カツ田中(3547)は、串カツの専門店を運営している企業です。
株主優待は、”優待食事券”です。

企業名 株式会社 串カツ田中
種類 外食業
権利確定月 11月
優待内容 優待食事券
優待回数 年1回
配当利回り
(-)
100株 21万5,200円
(2019/01/17 終値)

串カツ田中(3547)とは


串カツ田中(3547)は、関東地区を中心に”串カツ”の専門店を運営している企業です。
店舗は駅前やビジネス街だけでなく、郊外にも出店しています。
串カツ田中は居酒屋ですが、子ども向けメニューが充実しており、ファミリー層にも人気があります。


串カツ田中では、”ソースの二度漬け禁止”をうたい文句として串カツをはじめとした様々な一品メニューを取り揃えています。
30品以上の串カツメニューがあり、価格の低い100円や120円のメニューが中心となっています。
串カツ田中は、客単価が2,400円程度になるように設定しています。


大阪名物の串カツを全国に広めたのは”串カツ田中”の功績です。
串カツ田中は、長期目標として『全国1,000店舗体制』を目指しています。
2008年に1号店がオープンした”串カツ田中”は、現在218店舗に拡大しています(2018年11月期)。
まだまだ出店ペースを緩めずに拡大戦略をとっていくようですね。
串カツ田中 店舗数

大阪名物の串カツですが、串カツ田中は積極的に関東に出店をすすめています。
直営店(98店)とFC店(120店)の両輪で事業展開しています。
串カツ田中 店舗

串カツ田中の店舗は、大衆的なお店が特徴的です。
デザインは、遠くから店舗が一目でわかる大きな白いテントとなっています。
個室や席ごとの仕切りがなく、開放的なつくりになっています。
誰もが入りやすい大衆食堂の雰囲気を大切にしているようですね。

事業系統図はこちらです。
下の図の通り、FC店を上手に活用しながら成長してきました。
串カツ田中 事業系統図

株主優待

串カツ田中(3547)の株主優待は、年1回もらえる”優待食事券”です。
権利確定日は、”11月末”です。
次の権利付き最終日は、2019年11月27日(水)です。
2019年11月27日(水)の15時までに株を購入すれば、株主優待がもらえます。

特典:優待食事券

11月末基準

100株以上300株未満
優待食事券 2,000円分

300株以上600株未満
優待食事券 4,000円分

600株以上900株未満
優待食事券 6,000円分

900株以上
優待食事券 8,000円分

直近の株価

直近の株価チャートはこちらです。
串カツ田中 株価チャート
(直近2年間の株価チャート)
青色:串カツ田中赤色:日経平均

購入金額

1単元の株式を購入するのに、21万5,200円必要です。
株価 2,152円(2019/01/17 終値)
単元株数 100株

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2018年11月期)。

直営店売上高
…53億84百万円(前年同期比38.7%増)
FC商品売上高
…16億19百万円(前年同期比41.7%増)
FCロイヤリティ収入
…3億79百万円(前年同期比27.7%増)
その他
…2億84百万円(前年同期比37.2%増)

決算情報

直近の通期決算(2018年11月末)はこちらです。

売上高
…76億67百万円(前年同期比38.7%増)
営業利益
…5億59百万円(前年同期比44.4%増)
経常利益
…7億3百万円(前年同期比35.2%増)
当期利益
…4億69百万円(前年同期比43.4%増)

大株主

串カツ田中 大株主

従業員の状況

従業員の状況はこちらです(2017年11月末)。
串カツ田中は、全体で178名の従業員が在籍しています。
※臨時雇用者数は223名
・従業員数 178名
・平均年齢 29.5歳
・平均勤続年数 1.9年
・平均年間給与 385万5千円
串カツ田中 従業員

今回のまとめ

今回の記事のポイントはこちらです。

串カツ田中は、串カツの専門店を運営している企業
店舗は関東地区を中心に出店している
居酒屋ですが、子どもメニューにも力を入れています。
長期的に1,000店舗体制を目指している(現在は218店:2018年11月期)

串カツ田中(3547)は、串カツの専門店を運営している企業です。
低価格帯(100円~120円)のメニューが中心となっており、客単価は2,400円くらいになるように設定されています。
株主優待は、優待食事券です。

関連資料

串カツ田中:『有価証券報告書』
串カツ田中:『公式HP』
串カツ田中:『決算時説明資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の債券ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。