日本株

アイ・ケイ・ケイ(2198)の解説【株価・株主優待・決算】

アイ・ケイ・ケイ 株価 決算 株主優待
アイ・ケイ・ケイ(2198)は、ゲストハウス・ウェディング形式の挙式披露宴を提供している企業です。
株主優待は、”特選お菓子”などです。

企業名 アイ・ケイ・ケイ
種類 サービス業
権利確定月 4月
優待内容 特選お菓子など
優待回数 年1回
配当利回り 1.63%
(2019/01/11 終値)
100株 7万3,600円
(2019/01/11 終値)

アイ・ケイ・ケイ(2198)とは


アイ・ケイ・ケイ(2198)は、首都圏以外の地域で“ゲストハウス・ウェディング”形式の挙式披露宴サービスを提供している企業です。
東京にはひとつのウェディング施設がなく、地方都市を中心に事業展開をしています。
下の図の通り、九州や北陸、東北、中国、四国などの地方都市に施設を置いています。
地方都市にはゲスト・ハウス形式のウェディングをおこなうライバルが少ないため、力を入れているようですね。
アイ・ケイ・ケイ 式場一覧

アイ・ケイ・ケイのウェディングは、邸宅風の会場となっており“非日常空間”を楽しむことができます。
結婚する2人の個性を表現した自由な演出ができることがアイ・ケイ・ケイの人気の理由です。
アイ・ケイ・ケイ 施設


アイ・ケイ・ケイで、披露宴をおこなうには平均して398万4千円かかります(2018年10月期)。
施工組数も施工単価も、好調に推移しています。
特に単価が順調に増加傾向なのは、アイ・ケイ・ケイにとって強みですね。
アイ・ケイ・ケイ 決算


下の図の通り、これからの日本では“少子高齢化”の流れでブライダル市場は縮小していくことが予想されています。
市場規模が縮小していますが、アイ・ケイ・ケイの売上高は順調に増加しています。
アイ・ケイ・ケイ ブライダル市場
ウェディング市場は、上位企業による寡占化がすすんでいません。
上場企業の6社を合計しても18.5%しか占めていません(2018年10月)。
今後のアイ・ケイ・ケイのシェア拡大の余地は大きそうですね。
アイ・ケイ・ケイ 業界シェア
ウェディング市場は縮小していますが、実は1人あたりにかける結婚費用は増加していま。
晩婚化がすすんでいるため、結婚式費用が増加しています。
ゲストハウス・ウェディングを手がけているアイ・ケイ・ケイの将来には期待が持てそうですね。
アイ・ケイ・ケイ

株主優待

アイ・ケイ・ケイ(2198)の株主優待は、年1回もらえる”特選お菓子”と”食事優待券”です。
権利確定日は、”4月末”です。
次の権利付き最終日は、2019年4月23日(火)です。
2019年4月23日(火)の15時までに株を購入すれば、株主優待がもらえます。

特典:お菓子

4月末基準

100株以上1,000株未満
特選お菓子 1,500円分

1,000株以上5,000株未満
特選お菓子 3,000円分

5,000株以上
特選お菓子 5,000円分

※特選お菓子の内容は決まっていません。
アイ・ケイ・ケイ 株主優待

特典:レストランの優待券

4月末基準

100株以上
レストラン優待券 3枚分

※レストランによって優待料金は異なります。

直近の株価

直近の株価チャートはこちらです。
アイ・ケイ・ケイ 株価チャート
(直近2年間の株価チャート)
青色:アイ・ケイ・ケイ赤色:日経平均

購入金額

1単元の株式を購入するのに、7万3,600円必要です。
株価 736円(2019/01/11 終値)
単元株数 100株

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2018年10月期)。

婚礼事業
…192億19百万円(前年同期比10.6%増)
葬儀事業
…2億96百万円(前年同期比8.2%減)
介護事業
…5億円(前年同期比6.2%増)

婚礼事業

婚礼事業は、アイ・ケイ・ケイのメイン事業です。
挙式や披露宴に関する企画や運営をしています。

葬儀事業

葬儀事業では、”株式会社 極楽”を通じて、葬儀に関する企画・運営をおこなっています。

介護事業

介護事業では、”アイケア 株式会社”を通じて有料老人ホームの運営をおこなっています。

決算情報

直近の通期決算(2018年10月末)はこちらです。

売上高
…200億9百万円(前年同期比10.1%増)
営業利益
…20億67百万円(前年同期比13.5%増)
経常利益
…20億94百万円(前年同期比14.7%増)
当期利益
…13億65百万円(前年同期比3.5%増)

大株主

アイ・ケイ・ケイ 大株主

従業員の状況

従業員の状況はこちらです(2017年10月末)。
アイ・ケイ・ケイは、全体で727名の従業員が在籍しています。
アイ・ケイ・ケイ 大株主
アイ・ケイ・ケイ単体の状況はこちらです(2017年10月末)。
・従業員数 652名
・平均年齢 29.5歳
・平均勤続年数 5.8年
・平均年間給与 391万3,252円
アイ・ケイ・ケイ 従業員

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

アイケイケイは、ゲストハウスウェディングを提供している
一般的な披露宴サービスよりも単価が高い
晩婚化がすすんでいるので、アイケイケイに追い風が吹いている
市場シェアは1%台なので、まだまだ拡大が期待できる

アイ・ケイ・ケイ(2198)は、ゲストハウス・ウェディング形式の挙式披露宴を提供している企業です。
地方都市を中心に施設を展開しており、関東以外の地域で事業を展開しています。
株主優待は、アイ・ケイ・ケイが選んだお菓子です。

関連資料

アイ・ケイ・ケイ:『有価証券報告書』
アイ・ケイ・ケイ:『公式HP』
アイ・ケイ・ケイ:『決算時説明資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の債券ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。