日本株

イオン(8267)の解説【株価・株主優待・決算】

イオン 株価 決算 株主優待
イオン(8267)は、国内有数の総合小売グループです。
株主優待は、”株主優待カード”などです。

企業名 イオン 株式会社
種類 小売業
権利確定月 2月・8月
優待内容 優待カードやキャッシュバック
優待回数 年2回
配当利回り 1.62%
(2019/01/11 終値)
100株 21万50円
(2019/01/11 終値)

イオン(8267)とは


イオン(8267)は、国内有数の総合小売グループです。
小売から金融まで様々な事業を展開しており、グループは上場企業を含む300社を超えています。
グループ企業は、”マルナカ”や”ジーフット”、”ミニストップ”など『イオン』の名前がついていない企業も多いですね。

イオン
…国内有数の総合小売りグループ
ミニストップ
…イオングループのコンビニエンスストア
マックスバリュ
…東海地区を地盤とした食品スーパー
ダイエー
…業績不振により2015年にイオングループ傘下に入った総合スーパー
マルエツ
…関東地方に展開している食品スーパー
ウエルシア薬局
…日本全国に展開する総合ドラッグストアチェーン
ツヴァイ
…イオングループの結婚相談所
ジーフット
…ASBeeやNUTSTGEPなどの靴販売店を運営する企業
オリジン東秀
…総菜や弁当を提供する”オリジン弁当”を提供する企業


イオンの前身は、1758年に三重県四日市で創業された”岡田屋”です。
1969年、岡田屋と兵庫県の”フタギ”、大阪の”シロ”の3社が合併して”ジャスコ”が設立されました。
そして1989年、”ジャスコグループ”から”イオングループ”へ名称が変更され、現在の形になりました。


イオンの小売業を支えているのは、プライベートブランドの”TOPVALU(トップバリュ)”です。
トップバリュは、食品やファッションだけでなく、家電や自転車、アウトドア、インテリアなど多岐にわたります。
さらにコンセプトによって、トップバリュは4つに分かれています。
イオン トップバリュ

トップバリュ
…低価格と品質を両立させたPBブランド
トップバリュ セレクト
…素材や産地、製法、機能などの最上質を追求したPBブランド
トップバリュ ベストプライス
…低価格ブランド
トップバリュ グリーンアイ
…自然環境や安全性に配慮したブランド

株主優待

イオン(8267)の株主優待は、イオンオーナーズカードのキャッシュバックなどです。
権利確定日は、”2月末”と”8月末”です。
次の権利付き最終日は、2019年2月25日(月)です。
2019年2月25日(月)の15時までに株を購入すれば、株主優待がもらえます。

特典:キャッシュバック

2月末、8月末基準

半期100万円までのお買上金額に対し、保有株に応じたキャッシュバック

100株以上500株未満
キャッシュバック 3%

500株以上1,000株未満
キャッシュバック 4%

1,000株以上3,000株未満
キャッシュバック 5%

3,000株以上
キャッシュバック 7%

特典:長期保有特典

2月末基準

3年以上継続して保有すると、イオンギフトカードがもらえます。

1,000株以上2,000株未満
イオンギフトカード 2,000円

2,000株以上3,000株未満
イオンギフトカード 4,000円

3,000株以上5,000株未満
イオンギフトカード 6,000円

5,000株以上
イオンギフトカード 10,000円

直近の株価

直近の株価チャートはこちらです。
トップバリュ 株価チャート
(直近2年間の株価チャート)
青色:イオン赤色:日経平均

購入金額

1単元の株式を購入するのに、21万50円必要です。
株価 2,100.5円(2019/01/11 終値)
単元株数 100株

事業別の売上高

事業別の売上高はこちらです(2018年2月期)。

GMS事業
…3兆842億78百万円(前年同期比0.6%増)
SM事業
…3兆2,409億78百万円(前年同期比0.7%増)
ドラッグファーマシー
…6,963億92百万円(前年同期比11.7%増)
総合金融事業
…4,080億92百万円(前年同期比9.7%増)
ディベロッパー事業
…3,356億64百万円(前年同期比6.2%増)
サービス 専門店事業
…7,742億37百万円(前年同期比1.1%増)
国際事業
…4,188億84百万円(前年同期比5.1%増)
その他事業
108億13百万円(前年同期比52.0%増)
※グラフには調整額が考慮されていません

イオン 事業別売上高

GMS事業

GMS(総合スーパー)事業では、”イオン”や”イオンスーパーセンター”を展開しています。
イオングループは、日本全国に500店舗近くを運営しています。
下記の店舗を運営しています。

イオン
イオンスーパーセンター

SM事業

SM(スーパーマーケット)事業では、スーパーマーケットやディスカウントストア、小型店、コンビニエンスストアを展開しています。
下記のような店舗を運営しています。

・マックスバリュ
・ダイエー
・マルエツ
・カスミ
・ザ ビッグ
・ミニストップ
・まいばすけっと

ドラッグ・ファーマシー事業

ドラッグ・ファーマシー事業では、医薬品や健康食品、日用品をそろえるドラッグストアなどを展開しています。
下記の様な店舗を運営しています。

・ウエルシア
・HAC
・クスリのアオキ

総合金融事業

総合金融事業では、クレジットカードや銀行、電子マネーなどを展開しています。

・イオン銀行
・イオンクレジットサービス
・イオンフィナンシャルサービス

ディベロッパー事業

ディベロッパー事業では、ショッピングや飲食だけでなく、シネマ、アミューズメント施設などを運営しています。

・イオンモール
・イオンタウン

サービス・専門店事業

サービス・専門店事業では、多彩なジャンルの専門店を展開しています。

・イオンファンタジー
・ジーフット
・ツヴァイ
・イオンディライト

国際事業

中国やアセアンで、総合スーパーや食品スーパー、ディスカウントストアを展開しています。

地域別の売上高

地域別の売上高はこちらです(2018年2月期)。

日本
…7兆6744億25百万円
アセアン
…3,349億81百万円
中国
…2,620億81百万円
その他
…1,185億23百万円

イオン 地域別の売上高

決算情報

直近の通期決算(2018年2月末)はこちらです。

売上高
…8兆3,900億12百万円(前年同期比2.2%増)
営業利益
…2,102億73百万円(前年同期比13.8%増)
経常利益
…2,137億72百万円(前年同期比14.1%増)
当期利益
…245億22百万円(前年同期比117.9%増)

イオン 決算

大株主

イオン 大株主

従業員の状況

従業員の状況はこちらです(2018年2月末)。
イオンは、全体で148,146名の従業員が在籍しています。
臨時雇用者数は262,958名です。
イオン 従業員
イオン単体の状況はこちらです(2018年2月末)。
・従業員数 324名
・平均年齢 46.7歳
・平均勤続年数 18.4年
・平均年間給与 799万4,665円
イオン 従業員

今回のまとめ


今回の記事のポイントはこちらです。

イオンは、小売を中心としたコングロマリット企業
イオングループは、上場企業を含む300社が傘下
イオンのPBブランドのトップバリュは好調
普段イオンで買い物する人は、優待がおすすめ

イオン(8267)は、国内有数の総合小売りグループです。
”イオン”の名前が付いていない”ミニストップ”や”マックスバリュ”、”ダイエー”、”マルエツ”、”ウエルシア薬局”、”ツヴァイ”、”ジーフット”、”オリジン東秀”などの企業もイオングループです。
普段イオンで買い物する人は、イオンの株主優待はオススメですね。

関連資料

イオン:『有価証券報告書』
イオン:『公式HP』
イオン:『決算時説明資料』

注意事項

・当サイトに掲載されている事項は、投資に関する情報の提供を目的に作成したものであり、特定の金融商品の勧誘を目的としたものではありません
・当サイトは特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません
・最終的な投資決定はご自身の判断でなさるようにお願いします
・当サイトでは、債券についての情報を提供しています。


ブログランキングに参加しています。
他の債券ブログが気になる人はこちらもチェックしてください。